【不動産投資マニュアル】戸建て投資、区分投資、一棟投資…このサイトでは様々な不動産投資を紹介し、その特徴などをまとめています!

不動産投資は大変?面倒と感じることはある?どんなこと?

公開日:2020/01/01  最終更新日:2020/01/29

不動産投資は数ある投資の中でも、安全性が高く、かかりきりにならなくても続けられるので、投資の初心者やサラリーマン・OLも参入しやすい投資と認識されています。しかし、苦労のない儲け話など、あるはずがありません。

ここでは、不動産投資を手がけた方々が大変に感じることや面倒に感じることをチェックしていきたいと思います。

家賃収入がそのままプラスにはならない

購入した物件の月々の家賃収入からローンの返済や、物件の管理費用、火災保険、修繕費、税金などを差し引いたら、手元に残る金額は思ったより少なくなってしまいます。とくに不動産投資を始めて間もない投資家は「こんなはずではなかった」と意気消沈してしまうのではないでしょうか。

しかし、これは最初にできる限り金利の低いローンを選ぶこと、管理会社をよく吟味すること、できる部分は自主管理することなどの工夫次第でだいぶ緩和されます。できるだけ提携先の多い不動産投資会社を選択し、少しでも金利の低い有利なローンを組むこと、管理会社の言いなりにならないこと、丸投げにしないことなどが大事になります。

そして税金の面で言えば、不動産投資で賃貸経営を行えば、相続税評価額を低くすることが可能です。相続税は相続税評価額による累進課税制度が適用されますので、相続税評価額が低くなることで節税対策になります。

何といっても、最初の物件でいきなり大儲けすることを考えず、コツコツと利益を貯め、最終的には時期を見計らって投資物件を売却し、少しずつ投資物件をグレードアップしていく、もしくは軒数を増やして行くこと成功の秘訣になります。経験を積むことでノウハウがわかってきて、うまく利益を生むことができるようになるでしょう。

物件管理の大変さ

不動産投資をするということは、入居者募集をして契約をしてもらい、管理していくという流れをくり返すことになります。入居者が長期間にわたって住み続けてくれれば、あまり手間もかかりませんし、家賃収入にも変動は起こりませんので、理想的と言えるでしょう。

しかし、投資はワンルームなどの区分マンション投資からスタートすることが多いため、その場合、短いサイクルで入居・退去がくり返される傾向があります。したがって、やっと入居してくれたと思っても、またすぐに退去・募集となる可能性も否めません。

一戸建て投資の場合は、家族で入居するパターンが多いので、ひとり暮らしの多いワンルームよりは長期的入居が望めます。しかし、どのような物件においても、賃貸管理の苦労というのは伴います。

入居者がトラブルを起こしたり、家賃の入金が遅れたりすることも起こりえます。兼業投資家の多くが不動産管理会社と委託管理契約を取り交わすことが多いのはこのためです。しかし、ただでさえローン返済や税金などで家賃収入は目減りしてしまうのに、その上管理手数料が差し引かれるとなれば思うような利益はますます上がらなくなるでしょう。

物件の場所によっては身内に手伝ってもらうことで、自主管理を可能にすることもできます。また、すべての管理を管理会社に委託せず、やれることはやるという形にすれば委託管理料金も軽減することが可能です。さらに、管理会社を選ぶことでもだいぶ節約できます。このような対策を講じていくことがポイントとなるでしょう。

物件が売れないこともある

不動産投資をする上で、いろいろあっても物件を売って黒字を出すということが最終的な手段になります。しかし、ここでなかなか売れないということもあります。景気の動向というのもあるでしょうが、もっとも問われるのは物件そのものの価値や、利便性でしょう。

したがって投資物件を購入するときは、中古でも適宜メンテナンスされている物件を選ぶこと、最寄り駅や都心部などへのアクセスが良い物件を選ぶことが大切です。安いからと、その辺をないがしろにすれば「なかなか売れない」という痛い目を見ることになります。物件そのものの価値や利便性をしっかりと見極めて物件購入することが大切です。

 

不動産投資を手がけた方々が大変に感じることや面倒に感じることをご紹介しました。不動産投資が安易にできるのであれば、もっと大勢の方が参入してきていることでしょう。

でも、誰もが簡単に参入してこないということは、ライバルが少ない、そうそう増えないということでもあります。そして、不動産投資は株やFXへの投資と比較して、ギャンブル性が低い、地道な投資であるという事実は変わりません。

不動産投資には大変なこと、面倒なことも付きまとうことをよく自覚し、充分な覚悟や対策を以って臨むべきだと心得れば、不動産投資家として、じっくりと経験を積みながら着実にステップアップすることができるでしょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧