【不動産投資マニュアル】戸建て投資、区分投資、一棟投資…このサイトでは様々な不動産投資を紹介し、その特徴などをまとめています!

東急リバブル株式会社の画像

社名 東急リバブル株式会社
本社所在地 〒150-0043
東京都渋谷区道玄坂1丁目9番5号
関西支社所在地 〒530-0001
大阪府大阪市北区梅田1丁目11番4号-1511
資本 13億9630万円
設立 1972年3月10日
従業員数 3,424名(連結3,572名)(2020年3月末現在)
事業内容 不動産仲介業(売買仲介および賃貸仲介)
新築販売受託業(新築マンション・建売等の販売代理)
不動産販売業(新築マンションの分譲・リノベーション事業等)
許認可 宅地建物取引業者免許 国土交通大臣(11)第2611号
金融商品取引業者登録【第二種金融商品取引業/投資助言・代理業】
関東財務局長(金商)第1386号
不動産鑑定業者登録 東京都知事登録(5)第1408号
建築工事業 東京都知事許可(特-27)第102963号
不動産特定共同事業 金融庁長官・国土交通大臣第32号
主な加盟団体 一般社団法人不動産流通経営協会
一般社団法人不動産協会
公益社団法人首都圏不動産公正取引協議会
一般社団法人不動産証券化協会
公益社団法人日本不動産鑑定士協会連合会
一般社団法人日本投資顧問業協会
一般社団法人第二種金融商品取引業協会
おすすめポイント一棟買い投資におすすめ!

東急リバブル株式会社は一棟投資でおすすめの不動産会社です。1972年に創業以来、不動産流通業のパイオニア的存在として「お客様から選ばれ続ける企業」を目指してきました。

「不動産売買仲介業」を主軸に、「賃貸仲介業」・「不動産ソリューション事業」・「新築販売受託業」・「不動産販売業」など、不動産事業において幅広い事業を展開しています。また全国に広がるリバブルグループ全体のネットワークを活用し、多数の物件を取り扱い、購入、入居者募集、管理、売却全ての流れを東急リバブルの社員が担当します。

東急リバブルの特徴

東急リバブル株式会社の画像2

東急リバブルの特徴

東急リバブル株式会社は東京・渋谷に本社を置く不動産仲介業・新築販売受託業・不動産販売業を扱う不動産会社です。
1972年の創業以来、会社規模がどんどん拡大しておりCM放映なども積極的なため、不動産会社の中でも非常に知名度が高い会社です。

オリジナル自社物件

東急リバブルでは様々なオリジナル物件を開発・販売しており、新築分譲マンション「ルジェンテ」・投資用都市型商業施設「ルティア」・リノベーションマンションシリーズ「リディアス」・新築一棟投資用物件「ウェルスクエア」を展開しています。
それぞれ異なるコンセプトを持ち、個人、法人両方に向けて生活の充実や事業への有効活用など、目的を叶えられるような物件になっています。

多様な不動産関連のサービス、不動産事業以外の事業も。

新築及び中古物件の購入・賃貸のサービスだけでなく、法人向け不動産サービス、リフォームやレンタル収納、シニア向け不動産サービスの展開、アメリカでの不動産投資サービスなども展開しています。

一棟投資事業での強み

東急リバブル株式会社の画像3

東急リバブルでは新築一棟投資用物件として「ウェルスクエア」・「ウェルスクエアイズム」シリーズを販売しています。

自社物件「ウェルスクエア」・「ウェルスクエアイズム」を販売

東急リバブルでは新築投資用一棟レジデンスシリーズとして、「ウェルスクエア」・「ウェルスクエアイズム」の2シリーズを販売しています。ネーミングはWise(賢明)・Evolution(発展・進化)・Leading(一歩先)・Longtime(長期サポート)から名付けています。
”価値ある投資効率をあなたに”をコンセプトに、街の雰囲気と立地とマッチした高い価値を持った住まいを提供しており、東急リバブルの建物デザインの中でも特に自信作として提供しているものです。同シリーズとは連続完売数は35棟と、新築レジデンスとしては高い数値を出しています。
土地の形状及び容積率に合わせたリターンが得られることを目指しています。

こだわり抜いたデザイン設計

「ウェルスクエア」・「ウェルスクエアイズム」は、デザインのクオリティを高めるためのこだわりがあります。
その立地に一致した住みたいと感じさせるデザイン、また土地や立地の兼ね合いを考慮して設計するため、街の雰囲気や周辺環境に上手く溶け込んだマンションを建築しています。

外観のこだわり

マンションを見る際に一番最初に目に入る外観を細部までこだわります。格調高く洗練された存在感が出るような意匠や色合い、住む人々全員を優しく受け入れるようなデザインや照明まで、トータルでデザイン計画を行います。
部屋にマッチしたアクセントクロスを施すなど、工夫を取り入れることもあるようです。
デザインの意思が分かりやすくきちんと伝わるように、また地域との相乗効果も期待できるようなデザインを施しています。

設備・セキュリティ-のこだわり

設備に関してもこだわりがあり、タカラスタンダードとコラボした高品質且つ機能美な設備を採用しています。水回りを中心に品のある美しさと使いやすさの両方を実現するために、システムキッチンや独自設計の洗面化粧台、浴室乾燥機、追い焚き機能付のバスルーム、洗浄機能付きトイレを設計しています。

セキュリティー面も、安全を確保して安心して住むために、オートロックや防犯カメラを完備。また、一部物件では駐輪場は全戸分の100%設置して、また不在時でも荷物受取可能な宅配ロッカーも設置しています。

東急リバブル株式会社の画像

東急リバブル株式会社

1972年3月創業。不動産流通におけるパイオニア的存在。

公式サイトで詳細を見る

その他の不動産事業

東急リバブル株式会社の画像4

東急リバブルのその他の強みとしている事業を一部ご紹介します。

シニア向け不動産サービス

シニア向け住宅の紹介と売却のサービスを提供しています。住み替えの相談、シニア向け物件の紹介及び案内、売却相談・査定、賃貸相談・査定、資金計画をトータルで東急不動産グループのブランド物件である「グランクレール」シリーズで、シニアの方に安心で快適な介護付き有料老人ホーム、住宅型有料老人ホーム、サービス付高齢者向け住宅を紹介しています。

レンタル収納スペース

東急リバブルでは自社収納スペースも保有しており、そのレンタル事業も展開しています。お客様の使いやすさにこだわっており、入館カードの簡易化(交通系ICカードのみで入館可能)・web申込/契約・空調設備による温度/湿度の徹底管理・無料駐車場設置・24時間セキュリティ体制を敷いています。

アメリカ不動産投資

市場の好調が続いているアメリカの不動産市場に注目し、アメリカでの資産運用のサポートも行っています。日本の営業部門と現地法人が連携して、両者の多彩なネットワークとノウハウを活用し、個別相談~売却まできめ細かな提案及びサポートを行います。

東急リバブルのまとめ

いかがでしたでしょうか。東急リバブル株式会社の一棟投資事業について紹介しました。自社ブランド物件の販売や賃貸のサービスだけでなく、東急不動産グループのネットワークを活用した不動産全般サービス及び不動産関連のサービスを提供しています。
東急リバブルが目的やライフプランに合わせた投資用物件の取り扱い、また不動産に関連して物件以外のサービスも取り扱っていて発見がありました。

もし気になった方は、公式HPのお問い合わせフォームに必要事項を入力して投資相談を申し込んでみましょう。

サイト内検索
記事一覧

不動産投資の種類一覧

イメージ
会社名株式会社空き家活用研究所野村不動産アーバンネット株式会社三井ホーム 株式会社東京日商エステム東急リバブル株式会社
セミナーグループホーム事業でメリット多数の投資が可能大手企業「野村不動産グループ」の不動産投資事業安心の住宅づくりと豊富なサポートシステム首都圏を中心に高付加価値の投資用マンションを販売。1972年3月創業。不動産流通におけるパイオニア的存在。
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく